HOME天敵製剤Miyako-Top(ミヤコトップ)

Miyako-Top(ミヤコトップ)

Miyako-Top(ミヤコトップ)ミヤコカブリダニ剤

ミヤコトップは、ハダニ類の捕食性天敵であるミヤコカブリダニをボトルに封入した製剤です。放飼されたミヤコカブリダニは葉裏に寄生するハダニ類を探索し、ハダニの成虫や若虫、幼虫、卵を捕食します。また、餌となるハダニ類がいないときは花粉などを餌として生活し、ハダニ類を待ち伏せます。

税込・送料別9,558

商品詳細 商品名:ミヤコトップ
農薬の種類:ミヤコカブリダニ剤
学名:Neoseiulus californicus
農林水産省登録第22894号
JANコード:4562297520341
商品規格 1ボトルあたり2,000頭 (包装:900mlボトル)
(その他の成分の鉱物質は石綿不検出)
作物名 野菜類(施設栽培)
適用害虫名 ハダニ類
使用量 約2,000〜6,000頭/10a
使用時期 発生初期
本剤の使用回数
使用方法 放飼
ミヤコカブリダニを含む
農薬の総使用回数

ミヤコカブリダニ

ミヤコカブリダニ
和名 ミヤコカブリダニ
学名 Neoseiulus californicus
分類群 ダニ目 中気門亜目 カブリダニ科
(Acari, Mesostigmata, Phytoseiulus)
生態 雌成虫の体色は半透明の淡いオレンジ色で、ハダニ類を捕食すると淡赤色〜オレンジ色となる。雌成虫はハダニ類のすべてのステージを捕食する。1日当たりの捕食量はハダニ類卵で11.4個。25℃条件下では約5.5日で卵から成虫まで成長する。成虫の寿命は2週間程度で、3〜4卵を毎日産卵する。総産卵数は約50卵である。交尾しないと産卵しない。ハダニ類の他、ホコリダニ類、サビダニ類、アザミウマ類の幼虫や花粉を餌として発育産卵する。