Agrisect

トップ > マルハナバチに対する農薬の残効期間もしくは影響の程度について

マルハナバチに対する農薬の残効期間もしくは影響の程度について

一覧で見る>>

マルハナバチに対する 農薬の残効期間もしくは影響の程度を調べることができます。

 

 

※表中の残効期間や影響の程度は目安です。
農薬散布時の環境(展着剤、温度、天候、紫外線量、換気条件など)によって変化するので注意してください。

  • ※「-」は影響に関しては不明、数字は日数を表します。
  • ※マルハナバチ巣箱の再導入は、残効期間(日数×24時間)以上の期間を経てから行ってください。
  • ※「影響ない」「ほとんど影響ない」と表示されている農薬でも、散布後、薬液が乾燥するまでは影響がありますので注意してください。
  • ※本表は現場情報に基づく弊社の知見をもとに作成しました。

Copyright (c) 株式会社アグリセクト All rights reserved.