トップ  > 天敵製剤補助資材  > 天敵用餌ひも(楽天市場むし工房)

天敵用餌ひも(楽天市場むし工房)

 
 

天敵用餌ひも 利用マニュアル

 
 購入はこちらから(楽天市場むし工房)

 

大型捕食性天敵生物の食料(餌)として開発した商品です。

特開2018-191548

 
ナミテントウ幼虫による摂食の様子
ナミテントウ成虫による摂食の様子
 
タバコカスミカメによる摂食の様子
 
天敵用餌ひもの特長
  • 大型捕食性天敵生物の食料(餌)として開発した商品です。
  • 天敵生物が害虫を食べつくしても、天敵用餌ひもを設置することで、ブラインシュリンプ耐久卵や糖蜜を餌にできます。
  • 餌不足による天敵生物の分散(逃亡)や共食いを防止できます。
  • 麻ひもにブラインシュリンプ耐久卵を付着させているので設置が簡単です。

 


天敵用餌ひもに使用しているブラインシュリンプ耐久卵について:

ブラインシュリンプ(brine shrimp)は、アルテミア(Artemia)属の小型の甲殻類で、世界各地の塩水湖に生息しています。条件によって、乾燥に耐え長期に渡って休眠する耐久卵を産みます。この耐久卵は、保存性に富むことから観賞魚用の餌として市販されていますが、近年、捕食性天敵生物の餌として注目、活用されるようになってきています。

 
天敵用餌ひもの効果的な使用方法

捕食性天敵を導入した際、害虫の密度がごく低いと天敵生物はすぐに害虫(餌)を食べつくしてしまいます。その場合、一時的に害虫密度は抑制されますが、その後、天敵生物は害虫を探して分散(逃亡)したり、共食いするなど、天敵生物による持続的な害虫密度抑制効果が得られにくくなってしまいます。

捕食性天敵の導入と同時に餌ひもを設置することで、天敵生物は餌ひものブラインシュリンプ耐久卵や糖蜜も餌にできるようになります。害虫の発生がごく低密度であっても、天敵生物が餌不足に陥ることが少なくなるため、天敵生物の分散(逃亡)や共食いを防止できるようになります。

餌ひもは天敵製剤の導入と同時に設置してください。

商品同封の利用マニュアルをよく読んでからご使用ください。

 

天敵用餌ひもの使用例

支柱を活用する場合 :
餌ひもの先端を支柱に結んでから、天敵生物を放飼する予定の場所(すでに害虫の発生が確認された場所や、例年害虫が発生しやすい場所)付近に、作物の葉や茎の一部に餌ひもが接触するように、餌ひもを少したるませながら設置してください。

餌ひもを設置する位置について:
作物の茎や葉の一部に餌ひもが接触することで、歩行で移動する天敵生物が茎や葉を伝って餌ひもに移動できるようになります。また、天敵生物が餌ひも伝いに隣接株に移動できるようにもなります。
 

作物上に設置する場合:
餌ひもを適当な長さに切り、天敵生物を放飼する予定の場所(すでに害虫の発生が確認された場所や、例年害虫が発生しやすい場所)付近の葉上にのせてください。
※この設置方法により、本圃だけではなく、苗場でも餌ひもを活用いただけます。

餌ひもの長さについて:
天敵生物が餌ひもを伝って作物間を移動できるように、作物2~3株に渡る程度の長さに切るのがおすすめです。
※使用した器具(ハサミなど)は水でよく洗ってください。

 

商品概要
 
商品詳細
商品名:天敵用餌ひも
麻ひも:約10m
ブラインシュリンプ耐久卵:4ml
糖蜜:麻ひも全体に浸み込ませています
ポリエチレン手袋:1組
利用マニュアル:1部
 ※機能の改善などにより仕様を予告なく変更することがあります。

株式会社アグリセクト

〒 300-0506

茨城県稲敷市沼田2629-1

TEL:029-840-5977