トップ  > 天敵製剤補助資材  > アブラバチ用バンカー(楽天市場むし工房)

アブラバチ用バンカー(楽天市場むし工房)

 
 
 
 
 
 
 
<農林水産業・食品科学技術研究推進事業 農研機構生研支援センターイノベーション創出強化研究推進事業「次世代型バンカー資材キットによるアブラムシ類基盤的防除技術の実証・普及」(課題番号25042BC)>
 
 
 
アブラバチ用バンカーの特長
 
天敵(アブラバチ)の代替餌(トウモロコシアブラムシ)をオオムギに着生させた商品です。
本商品を設置したあとにコレトップ(コレマンアブラバチ製剤)を導入し、施設内で天敵(アブラバチ)の個体数をあらかじめ維持しておくことで、施設に侵入してきたアブラムシを速やかに防除することができます。
 
アブラバチ用バンカー自体にアブラムシ防除効果はありません。かならずコレトップ(コレマンアブラバチ製剤)とともにお使いください。
 

 
アブラバチ用バンカーに着生させているトウモロコシアブラムシについて
 
トウモロコシアブラムシはイネ科植物に寄生するアブラムシで、寄主植物の葉鞘付近(葉の付け根の丸まっている部分)に潜り込む性質があります。
アブラバチ用バンカーでも、一定数のトウモロコシアブラムシがオオムギの葉鞘に潜り込んでいます。オオムギの葉鞘がシェルター代わりとなるため、葉鞘に潜り込んだトウモロコシアブラムシはアブラバチの攻撃(寄生)から逃れることができます。アブラバチに寄生されていないトウモロコシアブラムシが葉鞘付近で常に増殖できることで、長期にわたりアブラバチの代替餌としての役割を果たします。
 
アブラバチ用バンカー設置の目安
 
10aあたり1セット(4か所)を目安に設置してください。
アブラバチ用バンカーはバンカー植物給水キットに設置してご利用ください。
 
 
 
 
 
 
 
アブラバチ用バンカー1個を
バンカー植物給水キットに設置した様子
 
 
アブラバチ用バンカー設置後のスケジュールの例
 
ピーマン促成栽培の例 :
害虫アブラムシが例年発生しはじめる時期か、ごく初期発生時にアブラバチ用バンカーを設置し、収穫終了まで数回更新してください。
 

 

商品概要
 
商品詳細
商品名:アブラバチ用バンカー
セット内容:アブラバチ用バンカー4個
利用マニュアル:1部
 
アブラバチ用バンカー1個当たり: オオムギ約40本
アブラバチ用バンカー1個当たり:トウモロコシアブラムシ成虫および幼虫約200頭を着生させています。
 ※機能の改善などにより仕様を予告なく変更する場合があります。
 

株式会社アグリセクト

〒 300-0506

茨城県稲敷市沼田2629-1

TEL:029-840-5977