トップ  > 天敵製剤  > ミッチトップ

ミッチトップ


ミッチトップは、ハダニ類の捕食性天敵であるミヤコカブリダニおよびチリカブリダニをボトルに封入した製剤です。
ミヤコカブリダニをスケジュール放飼した際、ハダニの潜在的な発生量が多いと、増加を抑えることができない場合があります。ミッチトップを導入しておけば、ミヤコカブリダニだけでは捕食しきれなかったハダニをチリカブリダニが捕食してくれます。

【2021年5月10日(月)販売開始】

商品ラベルはこちら
 
商品チラシはこちら
 
  有機農産物JAS規格適合証明書ミッチトップ
 
商品詳細

商品名:ミッチトップ
農薬の種類:チリカブリダニ・ミヤコカブリダニ剤
学名:Phytoseiulus persimilis
   Neoseiulus californicus

農林水産省登録第24466号
JANコード:4562297520945

商品規格 1ボトルあたりチリカブリダニ400頭, ミヤコカブリダニ1,600頭 包装:250mLボトル
(その他の成分の鉱物質は石綿不検出)

 

作物名 野菜類(施設栽培)
適用病害虫名 ハダニ類
使用量

250mL/10a
(チリカブリダニとして400頭, ミヤコカブリダニとして1,600頭)

使用時期 発生初期
本剤の使用回数
使用方法 放飼
チリカブリダニを含む
農薬の総使用回数
ミヤコカブリダニを含む
農薬の総使用回数

 

ミヤコカブリダニ


ミヤコカブリダニ

 

 

和名 ミヤコカブリダニ
学名 Neoseiulus californicus
分類群 ダニ目 中気門亜目 カブリダニ科
(Acari, Mesostigmata, Phytoseiulus)
生態 雌成虫の体色は半透明の淡いオレンジ色で、ハダニ類を捕食すると淡赤色〜オレンジ色となる。雌成虫はハダニ類のすべてのステージを捕食する。1日当たりの捕食量はハダニ類卵で11.4個。25℃条件下では約5.5日で卵から成虫まで成長する。成虫の寿命は2週間程度で、3〜4卵を毎日産卵する。総産卵数は約50卵である。交尾しないと産卵しない。ハダニ類の他、ホコリダニ類、サビダニ類、アザミウマ類の幼虫や花粉を餌として発育産卵する。

 

チリカブリダニ


チリカブリダニ
和名 チリカブリダニ
学名 Phytoseiulus persimilis
分類群 ダニ目 中気門亜目 カブリダニ科
(Acari, Mesostigmata, Phytoseiulus)
生態 チリカブリダニ成虫の体色は橙色。卵、幼虫、第1若虫、第2若虫を経て成虫になる。そのうち第1若虫、第2若虫、成虫がハダニを捕食する。25℃条件下では4.9日で卵から成虫まで成長する。チリカブリダニはカブリダニ科の中でも歩行速度が速く、捕食能力も優れている種と考えられている。

 

 

 

株式会社アグリセクト

〒 300-0506

茨城県稲敷市沼田2629-1

TEL:029-840-5977