トップ  > 害虫から天敵を探す  > アザミウマ類

アザミウマ類

害虫:アザミウマ類

ミナミキイロアザミウマ
ミナミキイロアザミウマ
 
和名 ミナミキイロアザミウマ
分類群 アザミウマ目 アザミウマ科
(Thripidae, Thysanoptera, Insecta)
学名 Thrips palmi
生態 雌成虫は体長1.0〜1.1mm、体色は橙黄色。翅の縁毛が黒いため、翅をたたんだ時に合わせ目が背中に黒い筋として見える。雄は雌より小型で体色が薄い。25℃では、産卵から次世代の産卵まで約18日かかる。メロン黄化えそ病やキュウリ黄化えそ病の病原ウイルスを媒介する。


ミカンキイロアザミウマ

 
和名 ミカンキイロアザミウマ
分類群 アザミウマ目 アザミウマ科
(Thripidae, Thysanoptera, Insecta)
学名 Frankliniella occidentalis
生態 ミカンキイロアザミウマは卵、1齢幼虫、2齢幼虫、前蛹、蛹を経て成虫となる。15℃では約40日、20℃では約20日、27℃では約14日で卵から成虫に成長する。幼虫は主に花弁や新芽、新葉に分布するが、2齢幼虫は地中に潜り蛹化する。成虫は30〜45日生存し、この間に1雌あたり150〜300個の卵を花の組織内に産下する。本種は休眠性がなく、施設内では年間を通して発生する。トマト黄化えそ病やインパチエンスえそ斑紋病の病原ウイルスを媒介する。
 

 
対応する天敵製剤
 
メリトップ
メリトップ
アザミウマ類の捕食性天敵であるククメリスカブリダニを製剤化
リクトップ
リクトップ
アザミウマ類の捕食性天敵であるタイリクヒメハナカメムシを製剤化
 
 
対応する物理的防除資材
 
アグリ・トップ®ロール
色で害虫を誘引して捕獲する、両面粘着ロール式捕虫資材
アグリ・トップ®ロールK
色で害虫を誘引して捕獲する、両面粘着ロール式捕虫資材
アグリ・トップ®ロールHG
アグリ・トップ®ロールHG
色で害虫を誘引して捕獲する、両面粘着ロール式捕虫資材
ペタット
ペタット®ブルー
害虫の捕殺だけでなく、発生調査にも高い性能を発揮する粘着トラップ
アグリ・トップ™シートブルー
主にアザミウマ類などを誘引する粘着シート
 
 

株式会社アグリセクト

〒 300-0506

茨城県稲敷市沼田2629-1

TEL:029-840-5977